沖縄における航空機整備事業会社「MRO Japan」設立への参画について

当社は、ANAホールディングス株式会社(以下ANAHD)、三菱重工業株式会社、沖縄振興開発金融公庫、株式会社琉球銀行、株式会社沖縄銀行、株式会社沖縄海邦銀行、沖縄電力株式会社各社と、沖縄県が那覇空港に建設する航空機整備施設において航空機整備事業を行う新会社設立に参画することとし、基本合意書を締結致しました。

本合意を受け、那覇空港における2017年度下期の事業開始に向け、本日ANAHDの100%出資で「MRO Japan株式会社」が設立されました。今後、航空機の整備に関わる国土交通省の認可を取得し、今年9月にMRO Japan株式会社として伊丹空港で事業を開始致します。その後、那覇空港の航空機整備施設が完成し次第、ANAHD以外の各社が出資して、拠点を那覇に移して事業を開始致します。

MRO Japanは、各社が培ってきた航空機や航空機整備に関する高度なスキルやノウハウをベースに、東アジアの中心に位置する那覇空港の地理的優位性と地域のサポートを活かしながら、アジアの航空市場の成長に伴い拡大が見込まれる航空機整備需要を取り込むことにより、日本を代表し世界に羽ばたく航空機整備専門会社として、沖縄振興と日本の経済発展に貢献する企業となることを目指します。その中で当社はリージョナル機・小型機整備の品質と生産性向上の実現についてサポートする予定です。

1.MRO Japan概要
(1)商号 :MRO Japan株式会社(MRO Japan Co.,Ltd.)
(2)事業内容 :航空機整備事業
(3)本店 :沖縄県那覇市
(4)資本金 :10億円
(5)株主構成 :ANAホールディングス株式会社  45%
 株式会社ジャムコ  25%
 三菱重工業株式会社  20%
 沖縄振興開発金融公庫  2%
 株式会社琉球銀行  2%
 株式会社沖縄銀行  2%
 株式会社沖縄海邦銀行  2%
 沖縄電力株式会社  2%
但し、資本金および株主構成については、現在、那覇空港における事業開始時に予定しているものであり、それまでは資本金1,000万円、株主はANAHD100%となります。

2.事業概要
(1)整備能力
①リージョナル機の整備 :DASH8-Q300/400、MRJ、CRJ等
②小中型機の整備   :B737、A320/A321、B767
③機体のペイント作業  :リージョナル機~大型機
*①②には、重整備も含む
(2)想定顧客
①ANAグループのエアライン
②LCCを含む国内外のエアライン

【共同ニュースリリースはこちら PDF】
MRO Japan 共同プレスリリース