エアバスA350型機向けギャレーの受注

当社は、エアバス社の最新鋭大型旅客機 A350型機の客室後方に搭載されるギャレーとラバトリーが一体となったICE (Increased Cabin Efficiency)リヤギャレーを受注し、現在パリ郊外で開催中のエアショー会場にて製造供給契約に調印致しました。

当社は予てよりエアバス社に対して、A350型機を除く全ての機種の垂直尾翼用縦通材(ストリンガー)や、A380型機向けフロアービーム等の構造部材を供給してきましたが、内装品関連では、今回が初の受注となります。 初号機の納入は、2017年中頃を予定し、納入先はエアバス社仏トゥールーズ工場となる見込みです。

当社は引き続き、航空機内装品のトップメーカーとして機体メーカー、エアラインの期待と信頼に応えられるようサービス向上に努めてまいります。