エミレーツ航空より旅客機客室改修プログラムを受注

 当社グループは、アラブ首長国連邦のエミレーツ航空より、ボーイング777-200LR型機向けのギャレー(厨房設備)、クローゼット(収納荷物入れ)及びラバトリー(化粧室)等の客室改修プログラムを10機分受注しました。

 このプログラムでは、当社がギャレー、ラバトリー等の製造を行い、また、連結子会社であるジャムコアメリカ(所在地:米国シアトル)が、客室改修に伴うその他の部品の供給、及びFAA(アメリカ連邦航空局)より改修後の認証を取得します。本プログラムに伴う製品の初出荷は2017年9月頃を予定しております。

 当社グループでは、同社の既存のボーイング777-300ER型機14機の客室改修プログラムを2015年に完了させ、このプログラムでの当社の品質や納期などに対する同社からの高い評価が、この度の受注に結びつきました。
 また、当社グループでは2011年2月から、同社の全てのボーイング777-300ER型機98機について、ギャレー及びクローゼットの供給を継続しております。

 当社グループでは引き続き、旺盛な航空需要に対応していくとともに、顧客からの更に高い信頼を得られるよう取組んでまいります。