コンプライアンス

ジャムコグループでは、コンプライアンス経営を推進するとともに、健全な経営管理機能の構築と業務の遂行を通じて、ステークホルダーからの期待と信頼に応えられるように努めています。また、役職員一人ひとりが法令の遵守はもとより倫理的側面も含めた社会的要請に確実に順応し、社会的良識をもって行動できるよう、「コンプライアンス規範」を定めています。

コンプライアンスの推進

全社のコンプライアンス統括責任者として、チーフ・コンプライアンス・オフィサー(CCO)を選任し、コンプライアンス統括機関としてコンプライアンス委員会を設置しています。コンプライアンス委員会は、人事総務部に事務局を置いて定期および臨時に開催し、各部門およびグループ会社の取り組み状況を踏まえ、必要に応じて指導を行うなど、コンプライアンスの推進を図っています。

また、社員⼀⼈ひとりがコンプライアンスの⼗分な知識と理解を深めるために、コンプライアンス研修を定期的に実施し、意識浸透を図っています。

2021年度は、当社および国内関連会社の全役職員に対して品質への意識の向上を図る内容を含めた研修を実施したほか、新⼊社員へのエントリー教育や、関係する役職員への独占禁止法・下請法、反贈収賄、個人情報保護法に関する内容に特化したコンプライアンス研修を実施しました。

※CR会議:(Compliance Risk)内部統制を統括する組織

コンプライアンスホットライン

ジャムコグループでは、コンプライアンス上の問題を自律的かつ早期に是正することを⽬的として、コンプライアンスホットライン(通報・相談窓⼝)を設置、運⽤しています。相談窓⼝は社内・社外に設置しており、寄せられた通報・相談内容については、厳格な守秘義務を負った窓口従事者が、社内関係部署および外部コンサルタント、弁護⼠などと連携し、可能な限り誠実かつ迅速な対応に努めています。また、ハラスメントや人権その他のあらゆる相談に対応しています。具体的な運用方法を定めた社内規則には、通報者が不利益を被ることがないよう、通報者の保護を定めるとともに、定期的な研修その他の方法によって、通報・相談窓口の連絡先や正しい知識を周知徹底をすること等により、運用の高度化に取り組むことを定めています。なお、当該規則は、2022 年6 月に施行された改正公益通報者保護法に応じる形で、大幅な拡充を図っています。

健全な商取引の推進

ジャムコグループは、コンプライアンス規範において、健全な商取引を推進する姿勢を明確にしています。
また全役職員に配布している「コンプライアンスハンドブック」には、法令の遵守、公務員への不正利益供与の禁⽌、取引先との過度な贈答接待の禁⽌など具体的な⽅針を⽰すとともに誠実で公正な取引を⼼がけ、政治、⾏政とは良識ある健全な関係を保つよう徹底を図っています。

情報セキュリティへの取組み

ジャムコグループは、航空産業を基軸に培ってきた技術と品質で、快適で持続可能な社会へ貢献し続けることを将来に向けてのVision として掲げており、情報セキュリティの確保はその実現への必須要件であることから、情報セキュリティ基本方針に基づき、情報セキュリティマネジメントシステムの確実な運用、監視及び継続的な改善に取り組んでいます。
 具体的なセキュリティの強化策として、社外からの不正アクセス対策、コンピュータウイルス対策、USB メモリなどのデバイス制御、スパムメール対策、標的型攻撃メール訓練の実施、定期的な情報セキュリティ内部監査などを実施しています。
 また、個人情報の取扱いについても「個人情報保護方針」に基づいた管理を徹底しています。

情報セキュリティ基本方針

ジャムコグループは、航空産業を基軸に培ってきた技術と品質で、快適で持続可能な社会へ貢献し続けることを将来に向けてのVision として掲げており、情報セキュリティの確保はその実現への必須要件であることから、以下の方針に基づき、情報セキュリティマネジメントシステムの確実な運用、監視及び継続的な改善に取り組みます。

  1. 統括責任者を任命し、グループ全体の情報セキュリティを確保するための管理体制を維持します。
  2. 事業上及び法規制の要求事項並びに契約に基づく情報セキュリティ義務を確実に履行します。又、情報資産の基本的な取扱いや具体的な手順を社内規程に定め、情報の重要性に応じた合理的管理をサプライチェーンも含めて実施します。
  3. リスクを評価する基準及び方法を定め、それに基づき明確になったリスクを回避・低減するため、又、回避・低減が難しい重大な障害又は災害によって事業活動が著しく影響を受けないよう適切な対応措置を策定し実行します。
  4. 役職員が情報セキュリティの重要性や要件を十分認識し行動できるよう、定期的な教育や適時の啓発を行って、質が高く調和のとれた情報セキュリティ管理を維持、向上させます。
  5. 情報セキュリティマネジメントシステムの有効性を継続的に確保するための監視・ 評価体制を確固とし、不具合事象や事故の再発防止、予防に努めると共に、適宜仕組みの改善を図ります。

個人情報保護方針

ジャムコグループは、個人情報( 特定個人情報を含む。) を適正に取り扱い、個人情報の保護を徹底することが社会的責務であるとの認識のもと以下の「個人情報保護方針」を策定し、グループとして個人情報保護の取り組みを実施いたします。

  1.  個⼈のプライバシーを重んじ、個⼈情報に関する法令、その他の規範および社内規程を遵守のうえ、当社グループが保有する個⼈情報の保護に努めます。
  2. 個⼈情報の利⽤⽬的を当社グループの事業内とし、その⽬的達成のために必要な範囲内において、公正且つ適正な⽅法で個⼈情報の取得、利⽤および提供を⾏います。
  3. 当社グループが保有する個⼈情報は、その利⽤⽬的の達成に必要な範囲内で、正確且つ最新の内容に保つよう適切に管理いたします。
  4. 保有する個⼈情報について、本⼈から開⽰・訂正・利⽤停⽌等の求めや、苦情・問い合わせがあった場合には、適切に対応いたします。
  5. 当社グループが保有する個⼈情報の取り扱いに当たっては、不正なアクセス、漏洩、誤⽤、滅失、毀損の防⽌およびその他の安全管理の措置を講じ、問題が発⽣した場合は、適切且つ速やかに対応いたします。
  6. 当社グループの個⼈情報保護に関する取り組みに関して、定期的な監査を実施し、又、その他社会情勢等環境の変化に伴い継続的改善に努めます。

リスクマネジメント

ジャムコグループでは、損失の回避・低減に加え、企業価値の維持・向上を図るため、リスクマネジメント方針等に基づき、リスクマネジメントを推進しています。

災害発⽣時の事業継続計画(BCP)

BCP防災訓練のようす
拡大
BCP防災訓練のようす

⼤規模な⾃然災害や事故の発⽣時においても、経営資源への影響を最⼩限に抑え、事業が継続できる体制を構築することは、社会的責任を負う企業の責務でもあります。
当社では、事業継続計画(BCP)を策定し、災害対応体制の構築並びに安全点検・各種訓練の実施など、さまざまな取り組みを⾏っています。
2021 年度は、大地震発生直後の初動対応からBCP 発動判断までの対応力の強化と課題を見つけ出し、有事に備えることを目的として、2022 年2 月に実施しました。関東地方を震源とする震度6 強の地震が発生したと想定した訓練では、立川(本社)に災害対策本部を設置し、立川、調布、四谷、成田、仙台の5 拠点に立ち上げられた現地対策本部と連携しながら、安否確認システムの稼働や、停電や回線の断絶による通信遮断を想定した衛星電話を用いた情報伝達訓練を実施しました。

事業継続の基本方針

ジャムコは、大規模災害等が発生した場合において、お客様と従業員・家族の安全を第一に、製品・サービスをできるだけ速やかに提供するために、以下を基本方針として事業継続計画(BCP)の策定と事業継続マネジメント(BCM)の構築に取り組みます。

 

  1. お客様、従業員とその家族の人命と安全の確保を優先します。
  2. 航空機の製造及び安全運航に資する製品・サービスを優先的に供給・提供するための体制を整えます。
  3. 地域と協調した災害対応を実施します。
  4. 企業活動の早期復旧を目指します。