ジャムコグループは、良きパートナーとしてお取引先と共に発展できるよう、常に誠実な対応を心がけ、公正で健全な関係構築に努めています。

健全な取引関係の構築

ジャムコは、お取引先の皆さまと公正で健全なビジネス関係を築き、共に発展し、社会に貢献する良きパートナーでありたいと考えています。
法令を順守することはもとより、お取引先と常に誠実な対応を心がけ、公正で透明な関係を保つための指針を「コンプライアンスハンドブック」に明記のうえ、すべての役職員に配布し、日々意識浸透を図っています。
さらに、海外にも拠点を構えるグローバル企業として、国際ルールに従うのはもちろんのこと、それぞれの国の文化や習慣を尊重し、信頼関係の構築に努めています。

お取引先の皆さまと一体となったCSR推進に向けて

ジャムコでは従来、各国・地域の法令に則り、社会規範を順守した調達を推進してきました。しかし近年の社会的要請の高まりを受けて、お取引先と共にCSRに取り組み、社会への責任をより積極的に果たしていく必要があると考えています。
今年度は、新たに策定したCSR調達方針をグループ企業と共有し、お取引先の皆さまと協力しながらサプライチェーン全体での取り組みを進めてまいります。

紛争鉱物への対応

コンゴ民主共和国及びその周辺国において産出されるタンタル、スズ、タングステン、金の4種類の鉱物(紛争鉱物)が、当地で残虐行為を行っている武装勢力の資金源となっていることが国際問題となっています。ジャムコでは、当地の紛争を助長することがないよう、紛争鉱物と認められた原材料の不使用を宣言すると共に、お客さまからの紛争鉱物規制に関する調査・報告の要請にも適切に対応しています。
また、これら4種類の鉱物に関係する原材料の調達先に対し、紛争鉱物を含有していないことの誓約書の提出を求めています。

グリーン調達の推進

ジャムコは、あらゆる企業活動における環境配慮と、生産・販売する製品のライフサイクルにおける環境への負荷低減に継続して取り組むため、環境への負荷の少ない部材や製品を優先的に調達するための「グリーン調達基準」を定め、実行しています。

CSR 調達方針

CSR 調達方針

ジャムコグループは、CSRに配慮した調達活動を推進します。又、取引先に対しても本調達方針の順守を求めていきます。

1.健全な取引関係の構築

・取引先との相互理解と信頼関係を大切にし、健全な取引関係を維持します。

・すべての取引について、公正且つ適正な取引条件を順守します。

・取引先の経営状況、技術力、企業姿勢などを評価し、企業の社会的責任を尊重した取引を進めます。

2.取引先の公正な選定と適正な調達

・品質、価格、納期などの客観的な購買基準と合理的な判断に基づき、取引先を選定します。

3.不明朗な関係の排除

・公正、公平で透明な取引に努め、業務に関連した個人的な報酬、口銭の授受及び社会的常識範囲外の接待や贈与を受けません。

4.法令順守・倫理

・取引を行う各国及び地域の関連する法令を順守します。

・業界基準及び動向を常に注視し、これを尊重した取引に努めます。

・下請代金支払遅延等防止法に定められた親事業者の義務を順守し、独占禁止法に定められた優越的な地位の濫用として禁止されている不公正を行いません。

・取引に関連する機密事項を漏洩しません。

・提供を受けた情報や知的財産を提供者の了解なく社外に公表しません。

・紛争鉱物に対し、サプライチェーンの透明性の確保と責任ある調達を実施します。

5.グリーン調達

・グリーン調達を推進し、環境保全、資源保護などに充分配慮した取引を行います。

6.人権の尊重及び労働安全衛生

・基本的人権を尊重し、労働環境や安全衛生に配慮した調達活動を推進します。