当社が参画する産学官共同研究の民間航空機による大気観測プロジェクト「CONTRAIL」が、2017年度環境省の地球温暖化防止活動環境大臣表彰において、「国際貢献部門」を受賞しました。

 

 これは、環境省が1998年度より地球温暖化対策を推進するための一環として、毎年、地球温暖化防止月間である12月に、功績のあった個人や団体に対し、その功績をたたえるために行っているものです。

 

 当社は、2003年より大気観測プロジェクト「CONTRAIL(注)」に加わり、自動大気サンプリング装置(ASE)と二酸化炭素濃度連続測定装置(CME)という2つの装置を開発し、航空機に搭載するために必要な国土交通省航空局やFAA(米国連邦航空局)のSTC(追加型式証明)の認証を取得してきました。STCの取得により、これらの観測装置は日本航空株式会社が定期旅客便で運航するボーイング777-200ERや777-300ERに取り付けられ、地球規模で大気の観測データを採取しています。また、その解析結果は地球温暖化に関する研究のための貴重なデータとして国立研究開発法人国立環境研究所から世界中に配信され、活用されています。

 

 当社はこれからも、地球環境の保全活動の一環として当プロジェクトに参画してまいります。

 

注:CONTRAILの名称は2007年より使用しています。

 

とかしきなおみ環境副大臣(中央)
拡大
とかしきなおみ環境副大臣(中央)