伊藤忠式N-62型機「イーグレット」の製造事業を手掛けた技術を継承し、60年以上の実績を誇る国内最大の独立系整備専門会社として幅広い活動をしています。

航空機整備事業の強み

航空機製造メーカーとの技術提携

航空搭載機器メーカーとの技術提携

各種認定/資格による飛行の安全と高い品質の提供

ジャムコの経験豊かな整備スタッフと充実した設備が、安全なフライトを約束します。世界の航空機メーカー、航空機搭載機器メーカーとの技術提携は、その証しといえます。

技術開発が進み、年々品質の向上とともに、製品が高度化している近年の航空機業界において、他サプライヤーとの技術連携は、必須となってきています。私たちジャムコは、技術者集団としての熱い思いを安全と信頼に変え、多くのサプライヤーとともに明日の翼を支えます。

ジャムコでは、航空機整備に関する、様々な資格を取得いたしております。認定事業場としての誇りを持って、当社の技術者、有資格者が飛行安全と品質保証をお客さまにお届けします。

ジャムコピックアップ

LC-90型機 定期検査1500機達成!

2016年4月6日、航空機整備事業部傘下の㈱徳島ジャムコは、LC-90 9305号機の試験飛行をもって、海上自衛隊から受託している航空機の定期検査1500機を達成しました。記念セレモニーには、現地徳島の各部隊指揮官のほか、当該機の所属基地である厚木からも所属部隊の飛行隊長に参加していただきました。

ジャムコの航空機整備事業の歴史

ジャムコは1955年、伊藤忠航空整備株式会社として創業して以来今日まで、航空機の整備・改造事業を脈々と手掛けてきました。機体整備工場は、その歴史を今に引き継ぐ工場です。

サービス

サービスを支える拠点

日本の航空拠点に寄り添う、ジャムコの整備ネットワーク

国内の主要空港のそばにはジャムコの整備工場が

 

ジャムコでは仙台、宮崎を拠点に機体整備事業を展開し、航空大学校、海上保安庁、防衛省、エアライン等の中型・小型航空機やリージョナル機の整備、改造等を行っています。

また、三鷹、成田、羽田において航空機装備品の修理、オーバーホール等を行っています。

>詳細はこちら