国内外のさまざまな地域で操業するジャムコグループは、地域社会の皆さまとの関係を大切に、信頼される企業を目指しています。

社会貢献活動

当社では、地域の皆さまとの交流や教育・学術⽀援、海外企業との連携による共同研究開発など、さまざまな社会貢献活動を展開しています。

神戸市立工業高等専門学校で特別講義を実施

2021 年9 月、神戸市立工業高等専門学校において、エアバス・ジャパン主催の航空関連企業による特別講義に、航空機内装品・機器事業本部技術本部(現 航空機内装品事業部技術管理部)の尾﨑専門部長が講師として「航空機内装品について―概要と開発の実際―」と題した講義を行いました。

この講座は神戸市とエアバス・ジャパンが航空技術者の育成や航空業界の人財の確保を目的として開講したものです。当社は、航空機利用の旅客に最も身近なシートを題材として、開発過程を例に、仕様検討からモックアップの製作・試作、最終仕様の決定、航空局の認証試験等を経ての製造、納品に至るまでのプロセスを説明しました。受講した高等専門学校の4 年生・5 年生たちは、世界規模で開発が進められたことや、開発時の苦労話などに聞き入っていました。

当社では、優秀な人財の養成、雇用の創出および技術開発等イノベーションの創出に向けて、今後も大学等の講義 への講師派遣などに積極的に取り組んでいきます。

「アイシティ eco プロジェクト」空コンタクトケース回収活動を各拠点・グループ会社へ拡大

当社は、HOYA㈱のプロジェクトである使い捨てコンタクトレンズの空ケース回収活動に賛同し、2018年9月より活動を開始し、本社および立川、仙台、成田、三鷹、四谷の当社ならびに㈱新潟ジャムコ、㈱宮崎ジャムコ、㈱徳島ジャムコ、㈱ジャムコエアロマニュファクチャリング、㈱中条ジャムコの各グループ会社へと活動を拡大しました。2018年9月開始から2022年3月までの回収量は49.27㎏(49,270個分)となり、全国に展開したことで従業員の環境保全への取り組みの一つとして浸透しています。回収したケースは、当社からHOYA㈱へ提供した後に加工され、さまざまなリサイクル製品に生まれ変わり、その収益は公益財団法人日本アイバンク協会に寄付されています。

当社のプロジェクトへの取り組みについてはHOYA㈱ホームページ「アイシティecoプロジェクト企業の導入事例」で紹介されています。

[WEB]: アイシティ eco プロジェクト 企業の導入事例 | コンタクトレンズのアイシティ (eyecity.jp) 

 

㈱宮崎ジャムコ
拡大
㈱宮崎ジャムコ
㈱新潟ジャムコ
拡大
㈱新潟ジャムコ
㈱中条ジャムコ
拡大
㈱中条ジャムコ
㈱徳島ジャムコ
拡大
㈱徳島ジャムコ
㈱ジャムコエアロ<br/>マニュファクチャリング<br/>
拡大
㈱ジャムコエアロ
マニュファクチャリング

ジャムコグループ環境保全活動の実施

2022年3月、当社は東京都主催の「東京グリーンシップ・アクション」に参加し、八王子滝山里山保全地域において自然環境保全活動を実施しました。「東京グリーンシップ・アクション」は東京都が指定した保全地域において、都・企業・NPO等が連携して行う自然環境保全事業のことです。八王子滝山里山保全地域は、2013年3月に都内で49番目に指定された保全地域で、多様な自然環境が組み合わさった里山環境が残る地域です。当日は、NPO法人自然環境アカデミーによる指導のもとで、当社従業員とその家族が、里山の自然観察、竹の伐採および池・水路の整備等を行いました。

災害備蓄品の寄付

2021年度は6 月と10 月の2 度にわたり、立川市社会福祉協議会へ災害備蓄品の寄付を行いました。この取組みは、災害備蓄品を賞味期限切れとなる前に、食料が必要な方々へ寄付することで有効活用し、フードロスを減らすことを目的としており、今回で3回目となります。寄付した災害備蓄品は立川市社会福祉協議会よりフードバンク立川を通し生活困窮者の方々へ配付されました。

使用済み切手の回収 • 寄付活動

2022年2月、当社は社内で回収した使用済み切手等を認定NPO法人に寄付しました。2021年と合わせて1,436gを回収しました。使用済み切手はNPO法人によって専門の業者に1kg=約1,500円で売却され、世界の子どもたちへのワクチン支援活動に活用されます。

当社作業服の購入が地球温暖化防止に貢献

当社の工場で使用する従業員の作業服は、オリジナルユニフォームとしてミドリ安全㈱に製作を委託しています。

ミドリ安全㈱では、地球温暖化を防ぐための取り組みとして「カーボンオフセット・ユニフォーム」を導入しています。カーボンオフセットは、地球温暖化の原因となるCO₂などの温室効果ガスの排出を減らす国際的な取り組みですが、当社の作業服1点の購入につき、自家用車が12㎞走行したときに排出する量に相当する約3㎏のCO₂削減に貢献できます。

ミドリ安全<br/>オリジナル<br/>・ネーム
拡大
ミドリ安全
オリジナル
・ネーム

当社が2021年4月から2022年3月の1年間に購入した作業服は、936㎏のCO₂削減に貢献しました。

ミドリ安全発行オフセット証明書
拡大
ミドリ安全発行オフセット証明書