1. やる気さえあれば若くても
  2. プロジェクトを任せてくれる
  3. ジャムコには自身の成長へつながる環境が
  4. 用意されている

西澤 健嗣
<入社時期:2009年>

航空機内装品・機器事業本部
技術部設計仕様グループ

私は幼少期より飛行機に興味があり、そのころは戦闘機を操縦することが夢でした。就職活動中は整備の仕事を中心に探していたのですが、たまたま就職サイトを見ていたときにジャムコと出会い、「国内外に2つと無い製品(珍しいもの)を作る」「航空機の部品を作る」と言うメッセージに一目惚れし、先に内定していた会社を断ってジャムコの最終面接に臨みました。

現在は主にボーイング747・767・777、エアバスA330・A380などに搭載される航空機用ギャレー(厨房設備)の構造設計を担当しています。顧客との打ち合わせにより仕様が決定された後、3D-CADを用いて製品と同じ形状のモデル作成、製品を製造するための図面作成を行っています。 ジャムコの魅力の一つに、入社後数年でプロジェクトを任せてもらえるということが挙げられます。構造設計のリーダーとして詳細設計から製品完成まで、多くの技術業務を行います。経験不足で大変な面も多いですが、周りの先輩社員がときには厳しく、ときには優しく親身に相談に乗ってくれるので、最後までリーダーとしてしっかり仕事を行うことができます。また、自分が設計したギャレーを実際に見ることができるのもジャムコの大きな魅力です。

業務を円滑に進める上で、コミュニケーション能力は不可欠

設計を進めていく上で重要になってくるのがコミュニケーション能力です。設計業務には、構造関係の他に装飾品・電気・給排水などの設計があり、それらが同時進行している為各部門間での連携や調整が必要不可欠になります。その中で、ハッキリと自分の意見を持ち、その意見を正確に、且つ端的に相手に伝えることが必要となります。今後もコミュニケーション能力を向上させ、ギャレー全体の事を考えた設計を行っていきたいと思っています。

学生時代にもっと真剣に学んでおけばよかったと思うのは英語力

ジャムコは日々の業務に英語の文章が頻繁に出てきます。顧客や航空機メーカーの仕様書はすべて英語で記載されているため、その読解力も必要になります。英語の論文を書いたり読んだりと人並みにしてきたつもりですが、学生のうちにも英語の勉強をもっとしておけばと思うことが多々あります。就職してからも英語の勉強はできますが、可能であれば学生のうちから勉強をしておくことをお勧めします。